交通事故の慰謝料を交渉するには

ホーム | 

慰謝料の請求ってどうやってしたらいいの?

交通事故の慰謝料って、誰がどうやって請求するのか・・・

被害者になって初めて知るという人も多いでしょう。

損害賠償や慰謝料の請求ですが、一般的には被害者本人が加害者に請求をします。

ただ事故の怪我の状況によっては、被害者の親権者や遺族も加害者側に慰謝料などの請求をすることが出来ます。

もちろん、請求をした金額が全額認められるということではないので、自分達で慰謝料の金額の算出をする必要があります。

普通なら加害者側の方から、慰謝料などのことについて連絡があるはずです。

この場合、加害者本人よりも加害者が加入をしてる保険会社の担当者や弁護士から連絡が来るというのが多いです。

本人以外の場合は交渉のプロとの話し合いになるので、こちらも慎重に話を進めていく必要があります。

稀に加害者本人から慰謝料や示談などの話を直接してくることもあるのですが、中には悪質な示談屋と呼ばれる人がやってくることもあるので要注意です。

最近はあまり聞かなくなったようですが、示談屋といわれる人が持ってくる示談書に安易にサインをしてはいけません!

その示談書と一緒に支払われる一時金で全て終わり・・・となってしまうような内容になっているからです。

普通は加害者が加入をしている任意保険の保険会社と慰謝料の請求のやり取りをしますが、加害者が任意保険に加入をしていない場合もありますよね。

正しいところへ請求をしないと大変なことになってしまうので、注意をしてください。